過去の記事一覧

  1. トップウォーター

    トップウォーターは見えない力で釣れ!

    以前は夏のオーバーハングをトップで攻略する方法をひとつお伝えしました。今回は同じトップですが、真逆の考え方で魚を集める方法についてお教えしようかと思います。&n…

  2. SAVE FIELDs

    スポーニングシーズンを避ける理由

    私はスポーニング中のバスめがけて投げるのがバスゲームだとは思いません。そこにはバスゲームと呼べる思考や戦略がないためです。目で見て、ルアーを送る作業は、いわば縁…

  3. SAVE FIELDs

    ゲームフィッシングと地域振興(暫定)

    ゲームフィッシングは、漁としての釣りとは違い、食べるため、稼ぐためという色合いが原則ありません。古くはタナゴ釣り、小鮒釣りに代表されるように、遊びのための釣りで…

  4. フィッシングコラム

    バス釣りでPE、フロロラインはナイロンより釣れる?

    30年以上バス釣りの世界にいて、PEラインの方がナイロンより釣れることに気がついた。なんていってるプロがいる。大概、ルアーメーカーの手先ですが、大家だ大御所だと…

  5. テクニック

    冬のバスゲームの組み立て方

    冬場は特にバスが釣れないシーズンではありますが、まるで釣れないわけではありません。魚は仮死状態になることが多いのですが、それでも2ヶ月程度の断食が限度だといわれ…

  6. テクニック

    雨にともなう増水時のバスゲーム

    増水時に考えるのは通常時より水系の深さが変化するわけで、普段より魚のレンジが上がるということを念頭に置いておきましょう。また、前回更新しました「濁り」をともなう…

  7. テクニック

    雨にともなう濁りが入った場合のマッディバスゲーム

    長雨の季節です。また、台風にともなう大雨や、夕立なども増えてくる夏場。この時期どうしても発生するのが増水と濁り。今回は濁りに焦点をあてて対処法を解説いたします。…

  8. SAVE FIELDs

    水系の保護と外来生物

    水系の生態系が破壊されたと語られると、必ずといっていいほど槍玉に挙げられるのが「ブラックバス」です。フィッシュイーターの特定外来生物ですから、当然生態系を破壊し…




アーカイブ



PAGE TOP