過去の記事一覧

  1. SAVE FIELDs

    水系の保護と外来生物

    【お願いと概要】こちらの記事をもとにした出版企画『善悪なき環境保護のために 〜やつらもみんな生きている〜(仮称)』がありましたが、「水を…

  2. テクニック

    トップウォーターと夏のカバーゲーム

    夏が近づくとにわかに活気づくトップウォーター界隈。しかし、盛夏の到来は同時にタフでラフなシーズンの到来を知らせるものでもあります。なぜラフなシーズンと考えられる…

  3. フィッシングコラム

    夏のバス釣りは地力がつかない

    夏のバスゲームはとにかく地力がつかない残念なシーズンです。タフコンディションになればなるほど、魚が集まる場所が限定されますので一見して戦略性があるように思えるの…

  4. クランクベイト

    真夏のバスゲームのゴールデンタイムはマヅメではない?

    夏場のバスゲームにおいて、多くのアングラーが押し寄せる早朝の時間帯。まだ夜も明け切らぬ4時前にボンボンとエンジン音をさせて釣り場の近くに路上駐車している姿を見る…

  5. ソフトベイト

    ワームに塩は必要か?

    ワームに塩は常識のように語られますし、今や入っていないものはオイルやら別のフォーミュラーが入っているものくらいで、単なるプラスチックワームは「安物」扱いの憂き目…

  6. リール

    スコーピオン200HG 201HG タックルインプレッション

    (この記事はスコーピオン14シリーズ以前のものとなります。現在は同名の最新機種が投入されておりますのでご注意ください)スコーピオン200シリ…

  7. クランクベイト

    ディープクランク(ダイバー)はよく動く!のウソ

    ディープクランクは、秋から冬、春先のキラーアイテムだ!なぜなら深場でよく動くからナ!という記事を見かけますが、あまりに酷い。本来ディープダイバーは「動かないルア…

  8. ボーマーFATA

    クランクベイト

    クランクベイトはリップで水を受けているのウソ

    クランクはリップで水を受けて潜っていると考えられておりますが、実はそれだけでは間違いになります。クランクベイトのリップが受けた水はどこに逃げているかを考えると、…

ピックアップ記事

カテゴリー

アーカイブ




  1. リール

    バス釣りで私がベイトリールを使う理由
  2. リール

    不意のラインブレイクに備えよう!リールのドラグ設定について
  3. フィッシングコラム

    釣りは個人技だからこそ輝く
  4. SAVE FIELDs

    水系の保護と外来生物
  5. SAVE FIELDs

    スポーニングシーズンを避ける理由
PAGE TOP