リール

バス釣りで私がベイトリールを使うわけ

ライトタックルかオーバースペックタックルか

釣ることを考えれば、別にベイトタックルでなくてもいいわけです。スピニングの方がトラブルも少なく便利です。パワースピンという選択肢は十分にありえます。ただ、スタイリッシュさを求めてベイトだという人もいるかもしれません。掲示板なんかでも「ベイトで釣りをしているのはカッコツケのバカ」なんて書かれ方をされがちです。もっとも私は見た目にこだわりはありませんから、こちらのスタイリッシュだからベイトという理由で選んでいるわけでもありません。ではなぜ私(または多くの釣り人)がトラブルが多くて不便なベイトリールで釣りをしているのか。いくつか理由を述べさせていただきます。

タックルは人となりを映す

ライトタックルでの釣りは小さい魚相手でも引きを楽しめます。一方、ベイトなどのオーバースペックタックルとなると一方勝ちして楽しめない。だから、ライトタックルという選択肢は当然理解できます。ただ、私はルアーゲームをやる際に「エサではなくルアーで工夫して掛ける」過程を重視していて、掛けたあとの攻防はさほど重視しません。ですから、あらゆる釣り場でパワータックルを使う、ストロングスタイルです。規定がなければ管理釣り場のトラウト相手でも12〜16ポンドラインでティップ以外ガチガチの竿でスプーンを投げます。周囲は2〜4ポンドクラスのラインを使っていてもです。

 

トラウト狙いでガチガチのロッドだと弾かれることが増えて難しいので事情が違ってくるとは思いますが、それでも私はパワータックルを使います。引きを楽しむという発想は、遊びであるからこそ生まれてくるものです。ルアー「ゲーム」ですから、先に述べましたとおり、それでもいいのです。楽しむための釣りはひとつの完成された世界です。一方で、まだ見ぬ大物を手にしたい、掛けた以上は絶対にその手に抱きたいと思うのもやはり釣りの世界だと思うわけです。私はどちらかといえばこちらの人間で、かつ掛けるための手段を選ぶ派です。手段を選ばず釣るのではなく、難しい釣りになったとしても理想の釣りを選んで、大物を釣りたいという立場ですので、魚に主導権を握られるライトタックルは極力使いません。これがバス釣りでベイトを使う理由の1つめです。

 

「魚に遊んでもらう」は人のエゴでしかない

十数年前、80cmもあるライギョをスコーピオンEVというシマノのスピニングのパックロッドで釣りました。4ピースのロッドでバス用のリール。かなりの長時間ファイトをしましたし、とても興奮したのですが、やはり魚に与える負担が大きすぎる。当時子どもの私ですらそう思ったわけで、釣って食べるわけでもないならもっと簡単にリリースしてあげた方がいい。そもそも釣り自体が残酷なゲームで(本当は遊びなら釣らないのが一番ですが)、魚に遊んでもらうという姿勢は人間側の都合でしかないわけです。魚にとっては遊びじゃないんですし、魚が勝つ展開はないんですから勝負にすらなってない。だったら、必要以上に弱らせるようなタックル選びはなしにしたい。シーバスでよく見かけますが、ライトなスピニングタックルを使って、強引に引き寄せられないから一度沖まで走らせる、というようなことも避けたいというのが私のスタンスです。

 

バス釣りでベイトリールを使うわけ

私はこのようなの理由から、相手にあわせたタックルを選びません。バスはとにかく引かない魚ですので、本来ベイトリールなんて不要です。でも、私はベイトを使います。相手任せにしてストラクチャーに絡めば命に関わりますし、体力がもともとない魚を走らせるのはファイト後のことを考えれば得策とは思えないためです。引かない魚に対してタックルがオーバースペックなのではなく、故意にオーバースペックにしておくことが私にとって大切なのです。

 

 

ここはバスゲーム中心の話題を扱うサイトではありますが、海でスズキやブリ、シイラといった魚を釣って食べることを考えても、できることならベイトを使いたいと思っております。理由は簡単で、比較的ストレスなく釣ったものと、死にかけるまで大暴れさせて釣ったのとでは味がやっぱり違うんです。これは時間が経てばより顕著になるように思います。相手は死に物狂いなわけですから、身体中のエネルギーを猛烈に消費しているのではないかと類推します。カツオなんて釣り上げると体の縞の方向が変わるくらいですからね。それはもうすさまじいエネルギー消費でしょう。せっかく食べるなら美味しい方がいいですし、食べないならなおのことイジメない方がいい。そんな考えで、私はベイトリールを使うことが多いというわけです。

 

関連記事

  1. クランクベイト

    子どもと釣りに行きたい方へ

    「子どもや妻と釣りに行きたいのですが、なにかいいタックルはありませんか…

  2. フィッシングコラム

    釣り竿(ロッド)のコルクグリップの補修について

    釣り竿のコルクグリップが痩せて見栄えが悪くなった、ボロボロと崩れてしま…

  3. ロッド

    ワールドシャウラ1752R-2 タックルインプレッション

    ワールドシャウラの1752R-2は、7フィート半という長さゆえに、一般…

  4. リール

    リールの保管について知っておくべき基本中の基本

    メディアでリールのメンテナンスはよく取り上げられますが、保管方法は目に…

  5. テクニック

    魚をバラす人につける特効薬

    バラシにつける薬は太いラインにハイギアのリールです。つまり、ラインテン…

  6. リール

    リールのドラグは締め過ぎたら壊れませんか

    ベイトリールのドラグを思いっきり締めたら壊れないかという質問ですが、シ…

コメント

    • ランカー
    • 2017年 9月 17日

    かわいそうなら釣るなよっていうはなしだけど、そういうわけにもいかないからせめていじめないようにする。ほんとそうだと思う。

    • 釣りをしない者より
    • 2017年 12月 06日

    魚が死のうが知ったこっちゃない

    と言うスタンスで釣りをされてる方を殆ど観ないバス釣りですが、主さんも

    魚にとっては遊びじゃない。

    とまで書きながらも、やはり

    弱らせないように

    と気を使われてるようですね。

    YouTubeでもリリースが遅い!

    とか

    魚を大切に扱え!

    とか人を叩くみたいですし、私の周りにも釣りをしながらも、

    ラインブレイクは避けなきゃいけない

    等と言う人が居ますが、結局、全部エゴでは無いですかね?

    人と対等には思えないかもしれないので例え話ですが、もしバサーの方々がペットを飼っていたとして、そのペットに針を掛けられますか?

    弱らせないようにとか以前に針かけて引きずり回す時点で残酷なわけだし、主さんもそれを理解してるなら、後は2択しかないと思うんですよ。

    釣りをやめるか、開き直るか。

    そこに中途半端な正義感なんて要らないと思いますが?

    その辺りどう思いますか?

    • ほかのエントリーでも書いておりますが、「ゲームフィッシング」である以上、どこまで真剣に挑んでも遊びです。ですから、真剣なので私は悪いことをしていないなどというつもりはありません。人というと広くなりすぎかもしれませんが、自然相手の趣味を楽しむという行為は人もとい、私が背負うべき業です。これについての批判は甘んじて受け入れるつもりです。

      なお、私としましては、動物を虐待しても平気な顔をするか、一切しないかの二択しかないとは思っておりません。
      少なくとも私は、肉食、魚食はもちろん、植物も食べています。
      地面を歩けば数千、数万のダニ類を踏み潰して生きています。
      ほとんどの人がきっと、そうなんだと思います。環境負荷がゼロの人間、動物などいないかもしれません。だから、自然なんて、動物なんてしったこっちゃないというスタンスで生きるか、生きること自体をやめるかの二択、ということになるでしょうか。

      この問題への折り合いについて、私自身、小学生のころ、大変に悩みました。そこで導き出した私自身の答えは、批判については受け入れるということと、釣りという自然なしには成立し得ない趣味を持つ者として、私が釣りをすることによって与える環境負荷以上に、自然を大切にしようというものです。これは償いでしかないかもしれませんが。

      一番は、釣りもせず、自然の保護だけに全霊を賭すことでしょうが、人間というものはそう上手くできておりません。私などは特にそうです。また、持続可能で、経済的に意義がなければ水系や自然の価値などどうでもよいという人が増えるのが時代の流れです。人間は太古から自然を変容させて生きてきたわけですから、これからも変わらないかもしれません。
      私は、釣りという後ろ暗さの残る「産業」すら活用して、自然に興味を持ち、残していくための資金的、文化的活動ができればと考えております。

      回答となるかはわかりませんが、いち釣り人の意見としてご検討いただければと存じます。

      追伸:
      賛否両論ありますが、太陽光や小規模発電設備、エネルギー消費の少ない住宅開発事業への資金提供を数年前から行なっております。数千万円程度ではなにも変わらないかもしれませんが、これも私なりの償いです。もっと自然のためによい方法がございましたら、ぜひお教えいただければ幸いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事


 





PAGE TOP