ゲーム理論

ビッグバスが引かない謎?!〜大きい魚が引くと思ったら大間違い〜

ビッグバスだから引きが強いなんて勘違いも甚だしいゾ!!

管理釣り場が人気ですよね。それはまあ、遊びとしての釣りのバリエーションですのでとやかくいうことではないのかもしれませんが、管理釣り場で釣った魚と自然の魚を比べあうってのは違うと思うわけです。

 

ある皿池には、養殖目的とゲームフィッシング用にニジマスが放されています。ここは管理釣り場ではなく、まだ寒い春先なんかにもよく釣れて、オーナーのご配慮で地元の人間が遊ばせてもらえるというところなんですけれども、ここで掛けたマスがあきらかに引かない。デカい池とはいえ人工湖。管理釣り場みたいなものだから運動もしないのかなと思っておりましたが、色々と調べているうちにわかったことがあるんです。養殖用の三倍体は引かないんです。というか、引けないんです。

 

三倍体は引かない、弱いといわれる理由

なぜ三倍体は引かないか。連中、水の中で息ができんのです。魚なのに意味がわからない? ザックリいうと、三倍体になると水中での呼吸がヘタクソになるんです。人間だと、デカすぎる体に見合わないショボい肺活量とでもいえばいいんでしょうか。その池は寒いときによく釣れるのではなく、暑いと酸素濃度が減って常に窒息の危機でバテバテ。ただでさえ息ができないのに、そんな過酷な環境でエサなんぞ取ってられないってだけなんです。

 

同じことが針に掛かっても起こります。三倍体の魚は空気に触れたときのダメージもデカい。エラで呼吸している魚にとって空気中は酸素ゼロみたいなものですから、ちょっと空気を吸うだけで酸欠になる。空気中に飛び出さなくても、常時酸欠気味なので運動すればもちろん即バテる。太り過ぎの人間みたいなもので、とても走ったりできる体力を持ち合わせていないんです。ですから、三倍体でメチャメチャ大きくなっても、引きは全然なってない。野生の魚のふた回りも小さい方が引くなんてことになりかねないんです。ですから、管理釣り場で釣ったかどうかだけでなく、それが三倍体かどうかで互いに語る土俵は変えねばなりません。

 

管理釣り場以外の三倍体

ところで管理釣り場以外の三倍体といえば……?琵琶……のバ……なんかがいるとされていますよね。公の場で語る人が出てきました。噂は根も葉もないものでもなかったということでしょうか。自然湖なのに三倍体がいるのでは、もうフェアな釣行にはなりません。私がB湖に行かない理由のひとつでもあります。あそこの60は、他の場所の50より価値がないやもしれませんので……。まあ、子どもを産めないはずですし、針にかかれば空気に触れてバテバテないしリリースされても死魚になる可能性大ですので、三倍体を離すのをやめてから15年もすればほぼ全滅するとは思いますけれども、それまでは人工的に生まれたモンスターバスが過去の記録をすべて打ち破っていくんじゃないでしょうか。

 

しかし、なんだかなぁと思うわけです。私なんかはここから派生して、「管理釣り場で三倍体掛けたってさあ……」なんてネガティブなことを思ってしまうんですね。個々人の価値観なんだからホットケって話でしょうけれども。琵琶湖でのバスゲームが好きな方、ごめんなさいね。私も琵琶湖自体は大好きなんですけどね。琵琶湖のバスを見ると、三倍体に限らず、命を持って生まれてきたのに、死ぬことを望まれているだなんてやるせなさばかりが押し寄せてきてどうしても気分が沈んでしまうので、足が向かないんです。

【参考文献】

三倍体ニジマスの酸素消費量と低酸素耐性 山本淳 飯田貴次
魚病研究 29(4) pp.245- 251 1994.12

ニジマス×イワナ三倍体雑種の酸素飢餓状態に対する耐性 渡辺祐介・網田健次郎
新潟県内水面水産試験場調査研究報告 No.32 (2008)

関連記事

  1. テクニック

    ルアーの着水音は小さければ小さいほどいい?

    ルアーゲーム、特にバス釣りはソフトプレゼンテーションが絶対、すべてであ…

  2. ゲーム理論

    究極のルアーとは プロにしか釣れないルアーか、初心者でも釣れるルアーか

    究極のルアーをめぐる論争究極のルアーは「巻くだけで釣れるルアー」と…

  3. SAVE FIELDs

    知られざるスモールマウスバスの生態と真実

    知られざるスモールマウスバスの生態最近、関東の川にもスモールが増え…

  4. テクニック

    魚をバラす人につける特効薬

    バラシにつける薬は太いラインにハイギアのリールです。つまり、ラインテン…

  5. ソフトベイト

    ワームに塩は必要か?

    ワームに塩は常識のように語られますし、今や入っていないものはオイルやら…

  6. その他

    スポーニング期のバスゲームについて

    基本的に私はベッドを狙ってのサイトフィッシングは行いません。また、この…

コメント

    • 青木利一
    • 2017年 11月 30日

    こんにちは。
    いつも楽しく拝見させて頂いております。

    ひとつ思いましたので失礼ながら。
    琵琶湖のバスは3倍体説もあるかとは思いますが、
    世界タイ記録のバスは認定までの長い期間の中で、
    3倍体ではないことが確認されているようです。
    ‘栗田さんがキャッチした魚の卵巣を生物学者が分析したところ、それは通常のものだった。’
    (https://www.jgfa.or.jp/news_o/detail.html?LM_NWS_ID=673)

    自然繁殖がすべてと言うつもりはないですが、他にも大きく育つ魚種が多いことから、
    成長を促す環境が琵琶湖にはあるのではないかと考えることも多々。

    そう思うと私は夢を感じる部分もあります。

    3倍体のロクマルナナマルは引かないという意見でしたが、
    自然繁殖のロクマルナナマルだったら相応に引くのでしょうかね。

    • 記録自体を疑問視するつもりはないのですが、人為的につくられたものが混ざってしまうと、この世界記録の価値が疑問視されるときがくるのではないか、と不安に思うことはあります。

      年寄りのたわごとなのかもしれませんが、20年近く前に池原で60ラッシュを見てきた人間として、人工の魚にあっさり記録を抜かれるのは……というみみっちい根性もないこともないです。

      また、琵琶湖の環境ですが、世界的に見ても屈指のバスレイクだと思います。これと比べるとなると、メキシコの新造湖かフロリダのトップクラスの湖くらいで、場合によってはそれ以上のポテンシャルかもしれませんよね。

      日本の湖で世界記録が出る一番の理由は、バスを捕食する大型肉食魚の種類が乏しいことでしょうから、これからも世界記録となりうる魚が出てくる可能性は大いにあると思います。そのときに、やれ三倍体だなんだといわれないためにも、こういうことがないほうがよかったのに、と思う次第です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


 





PAGE TOP