テクニック

ベイトリールでのスキッピングのコツ、やり方を教えて!

スキッピングをしたいなら、ノーシンカーのワームをスピニングタックルで投げればいいよ。という話をするのですが、どうしてもベイトでやりたいという方は、20年前から変わらずおられますね。そこで、ベイトでのスキッピングについて解説させていただきます。

スキッピングのやり方・コツ・ルアー

(クリックで大きくなります)

スキッピングのコツ

川などで石を投げ、水面を跳ねさせて遊んだことがあると思います。フィールドではマナー違反ですから禁止ですが、あのイメージを持ってキャストすることです。スキッピング初心者は、どうしてもワンバウンド目の位置にポイントを置いてキャストします。そうすると、自然とその場所にボチャンと突き刺さってバックラッシュということになる。水切り石では、ワンバウンド目をそこまで意識して投げないはずです。バウンドさせる場所を狙い過ぎると、石が水面に突き刺さるからです。同じですね。要は遠くまで投げるつもりだけど、結果的にそこにバウンドするというくらいの意識で投げることです。オーバーハングがあるなら、オーバーハングの先端を意識するのではなく、その奥まで叩き込むくらいの意識で投げる。これで練習されることをオススメします。なお、バスプロがいとも簡単にスキッピングしてみせたりしますが、あれは足場の低いボートならではのものだったりしますので、足場がそもそも高い場所では難易度が跳ね上がることをお忘れなく。

 

スキッピングのためのロッドやリール、ルアーは?

スキッピングに適したロッドは、自分の身長以下。片手で自由自在に操れることが基本です。私は2mもありませんが、両手持ちで7フィート超のロッドでもスキッピングができます。ただし、それは自由自在に操れるまで練習をして、スキッピングのなんたるかがわかったからこそ。あまり意味のない曲芸のようなものです。コツをつかめば竿の長さは8フィートでもできると思いますが、マスや鮭用のルアーロッドでスキッピングなどそれこそ大道芸でしょう。

 

こう書くと、じゃあはじめからロングロッドを使って練習すれば手間が減るじゃん!という人が出てきますが、できるようになるまで3倍以上時間がかかります。挫折し、できるようにならない可能性だってある。素直にショートロッドでコツを学ぶほうがいいでしょう。かくいう私もショートロッドならバックハンドでも、フリップキャストでもスキッピングさせられますが、ロングロッドではできません。ロングキャストが必要とされず、精度も落ちるため、スキッピングにおいて竿が長いことは特にメリットがないですから、すなおにショートロッドで練習することをオススメします。

 

リールについてはブレーキシステムが優秀で、太いラインが巻けるもの。20ポンド以上のものを巻いて練習することです。そもそもスキッピングが必要な場所はブッシュなどが密集しているポイントでしょうし、失敗してバックラッシュしたときも糸の痛みが少なく、すぐになおすことができる太いラインがベストです。あとはクラッチを切って竿をちょんと振ってもほとんどルアーが出ていかないくらいに設定し、遠心ブレーキ類を最大にしてから投げはじめてください。慣れ次第設定を軽くしていけば、より無理なくスキッピングできるようになるはずです。また、ルアーはパドルテールなど表面積の大きいトレーラーを付けたラバージグや、軽めのフロリダリグなどで練習するといいでしょう。

 

安価なショートロッドのラインナップがほとんどなく、信頼できるスコーピオンXTシリーズも下火なのかネットではワールドシャウラくらいしか見つからなくなってきています。楽天さんで探されると、見つかるかもしれません。(楽天でショートロッドを探す)高い竿だからスキッピングができるようになるということはありませんから、みなさんの体にあった竿を探してみてください。なお、リールとラインはそれなりにいいものを選ばれることをオススメします。スキッピングを決めるのは竿よりリールです。

関連記事

  1. テクニック

    50アップが釣れない人に贈る釣りと成長のはなし

    私は運よく西日本に生まれましたので、比較的サイズのいい魚(ブラックバス…

  2. ゲーム理論

    ストラクチャーばかり気にして活性の高いバスを探すことを忘れていないか?

    超一級のポイントで「この水系に以上の場所はない。条件もなにもかも揃って…

  3. フィッシングコラム

    バスボートを買う前に知っておいてほしいこと

    バスボートを買おう、欲しいと思っている方にまず読んでもらいたい、バスボ…

  4. テクニック

    雨にともなう濁りが入った場合のマッディバスゲーム

    長雨の季節です。また、台風にともなう大雨や、夕立なども増えてくる夏場。…

  5. クランクベイト

    子どもと釣りに行きたい方へ

    「子どもや妻と釣りに行きたいのですが、なにかいいタックルはありませんか…

  6. フィッシングコラム

    ストラクチャーとカバーの違い、勘違いについて

    ストラクチャーとカバーについては、大変な誤解が蔓延しており、これは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事


 





PAGE TOP