1. SAVE FIELDs

    誰にでもできる環境保護でなくては意味がない

    環境保護や水系保護は誰にでもできないと意味がありません。一部の立派な人だけができるようなことではいけないのです。…

  2. ハードベイト

    ミノーにオススメなラインの太さについて

    ミノー(ジャークベイト)のラインの太さについてミノーのアクションとラインのポンド数の関係性普段、25〜30ポンドのラインを使い、絶対にラ…

  3. 釣りよもやま

    釣り雑誌が売れない時代は何を意味するか

    かつて、釣り雑誌はこの先ダメになる。と警鐘を鳴らす釣具屋の古老のお話を伺ったことがある。どうも、一過性のもの追ったり、女性の写真ばかり載せて週刊誌のようになって…

  4. SAVE FIELDs

    OFT社(オフト)廃業について思うこと

    OFT社廃業について思うこと「今年のオフトのカタログが出ないねぇ」などとささやかれていたオフト社。あれは2016年でしたか。はやいもので…

  5. フィッシングコラム

    生類憐れみの令と江戸の釣り

    生類憐れみの令と江戸の釣り犬公方こと徳川綱吉が生類憐れみの令を出したため、あらゆる動物が野に放たれることになりました。桶の金魚もリリースです…

  6. 釣りよもやま

    イカは釣るより食う方を重視せよ

    イカを釣ることは、食うことであるのが望ましいイカ釣りとなると、やはりその釣り方よりも食い方の方を重視したい。その昔、『美味しんぼ』のアニメで…

  7. フィッシングコラム

    釣りは個人技だからこそ輝く

    効率を追わない矛盾をいかにするか私は乗り物マニアではないので、こだわりについては理解できても、実用的な利便性をとってしまいます。クラシックカーを見て、たとえ…

  8. フィッシングコラム

    ラインの抜け切れは完全悪ってわけでもない

    ラインブレイク(抜け切れ)について考える抜け切れ、大嫌いです。ラインに傷がなければ通常結束部より糸が切れますから、直線強度がいくらあろうが関係ありません。そ…

ピックアップ記事

カテゴリー

アーカイブ




  1. フィッシングコラム

    生類憐れみの令と江戸の釣り
  2. SAVE FIELDs

    スポーニングシーズンを避ける理由
  3. フィッシングコラム

    ストラクチャーとカバーの違い、勘違いについて
  4. リール

    バス釣りで私がベイトリールを使う理由
  5. ハードベイト

    ミノーにオススメなラインの太さについて
PAGE TOP