トップウォーター

トップウォーターロッドの選び方

夏から秋にかけてトップウォーターがおもしろい時期になりますが、トップウォータで遊んでみたいけれど、専用ロッドを買うのは初めてでよくわからないという方のために簡単な選び方をご紹介します。

トップウォーターロッドの選び方(早見表)

トップウォーターロッドの選び方

使用するルアーの重さに応じてロッドを選ぶのが原則です。ここにそのルアーの特性にあわせたロッドアクション(テーパー)を選択することになります。

 

トップウォータールアーの種類とテーパーについて

基本的には完全に水面に浮いているもの、ザラスプークのような水平浮きタイプはスローなテーパーのロッドの方が扱いやすくなります。これはファストテーパーではルアーが敏感に動きすぎ、上手く扱えない状況が出てくるため。また、スローな方が魚がルアーにアタックした際、アワセが早過ぎるという状況が減ります。テーパーが根元にある分、ロッドが自動的にルアーを送り込み、アワセが遅れてジャストフッキングになるという寸法です。アワセに自信がない方は特にスローテーパーを選ばれるといいかもしれません。

水面に水平に浮くトップウォータープラグはスローテーパー

 

次に、少し潜るタイプのものや巻物系。こちらはレギュラーテーパーがいいでしょう。代表的なものはシャロークランク、チャガー、バズベイト、スイムベイト、スピナーベイトの表層引きなどです。これらは巻くという作業がファストでは重く感じ、スローではアワセの際に送り込み過ぎる傾向が出てくることから、レギュラー気味の方が便利に扱えます。特にワイヤーベイトはアシやスティック周りを厳しく攻める釣りが増えますから、ファストではハリがあり過ぎて向こうアワセのようになるため簡単に根掛かりし、スローではこれらカバーに魚が逃げ込もうとするのを瞬間的に止められない可能性が出てきます。以上から、これらはレギュラーテーパーがオススメです。

潜るもの、ワイヤーベイトはレギュラーテーパー

 

また、細やかにアクションをつけたい場合、特にトップウォーターのように扱うシャローミノーなどは上記のテーパーでは動きが鈍く、どうにも思いどおりにいかないという方もおられるかと存じます。その場合はファストテーパーのショートロッドがオススメです。ポイントはロッドの長さを身長と同じくらいか、プラス15cm以内に収めること。それ以上になると片手で投げることもロッドアクションも大変で、自分で細かく操作して食わせる釣りが継続できません。

 

初めてのトップウォーターロッドにこの一本

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【送料無料】シマノ スコーピオンXT 1652R-2
価格:22113円(税込、送料無料) (2016/7/26時点)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【送料無料】シマノ エクスプライド 166ML-2【2ピース】
価格:18041円(税込、送料無料) (2016/7/26時点)

1652Rシリーズは幅広いルアーに対応したトップウォーター以外も操れるバーサタイルロッドです。バスゲームをはじめて5年以内の方、ミドルクラス以上のロッドや専用ロッドを買われるのがはじめてという方にはこのあたりのなんでもできるバーサタイルロッドを選ぶのがいいでしょう。

本来であれば、このルアーにはこのロッドといったように一問一答形式であるのが理想ですが、トッププロでもない限りそんな装備で釣りに出ることはできません。また、幅広いルアーに対応している高品位なロッドを一本持っていると、そのロッドにとって苦手なことがなんとなくわかってまいります。その不満点に気づいたら、不満を解消できるロッドを探せばいいわけです。いきなりお店に行ってトップウォーター専用ロッドをください!といえば、向こうが売りたいものを出してこられるのが道理というもの。体格、経験、知識、技術……人それぞれなのに、ナントカプロ推薦!とかいうロッドを勧められてしまう。これでは大多数の釣り人にとって、不幸な未来しか見えません。回りくどいようですが、色々できるタイプのトップウォーターロッドを用意し、ここから買い足していくのが一番失敗がありません。もちろん、トップウォーター以外のロッドを選ぶ際にも、これらのロッドを基準に不満点を探していくと間違いないでしょう。

みなさんのロッド選びが成功されますことをご祈念申し上げます。

 

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ピックアップ記事

  1. ビッグバスが引かない謎?!〜大きい魚が引くと思ったら大間違い〜
  2. 釣りは個人技だからこそ輝く
  3. 不意のラインブレイクに備えよう!リールのドラグ設定について
  4. バス釣りで私がベイトリールを使う理由
  5. スポーニングシーズンを避ける理由

関連記事

  1. ロッド

    ロッドはコルクとEVAどっちがいいの?

    EVAとは、「エチレンビニルアセテートコーポリマー」の単語の頭文字をと…

  2. フィッシングコラム

    釣り竿(ロッド)のコルクグリップの補修について

    釣り竿のコルクグリップが痩せて見栄えが悪くなった、ボロボロと崩れてしま…

  3. ロッド

    ワールドシャウラ1752R-2 タックルインプレッション

    ワールドシャウラの1752R-2は、7フィート半という長さゆえに、一般…

  4. クランクベイト

    子どもと釣りに行きたい方へ

    「子どもや妻と釣りに行きたいのですが、なにかいいタックルはありませんか…

  5. トップウォーター

    トップウォーターは見えない力で釣れ!

    以前は夏のオーバーハングをトップで攻略する方法をひとつお伝えしました。…

  6. リール

    バス釣りで私がベイトリールを使う理由

    ライトタックルかオーバースペックタックルか釣ることを考えれば、別に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事


 





  1. SAVE FIELDs

    スポーニングシーズンを避ける理由
  2. ゲーム理論

    ビッグバスが引かない謎?!〜大きい魚が引くと思ったら大間違い〜
  3. フィッシングコラム

    釣りは個人技だからこそ輝く
  4. リール

    不意のラインブレイクに備えよう!リールのドラグ設定について
  5. リール

    バス釣りで私がベイトリールを使う理由
PAGE TOP