ゲーム理論

究極のルアーとは プロにしか釣れないルアーか、初心者でも釣れるルアーか

究極のルアーをめぐる論争

究極のルアーは「巻くだけで釣れるルアー」という人がいます。確かにひとつの答えです。しかしながらルアーゲーマーとしては「それはエサとなにが違うの?」とも思うわけです。投げて巻くだけで釣れる。それもルアーの極致ではあるでしょうが、そこからさらに考えを進めて、投げるだけで釣れればもっと極致になるのではないでしょうか。今後どんどん技術が進歩し、一方で魚はほぼそのままなわけですから、ルアーを足元に落とすだけで魚が集まってきて食いつく電波を発するだとか、自分で泳いで行って魚の口に引っかってくるルアーなんてものが出てくるかもしれません。このように手間がなく、誰でも魚を手にすることができるルアーを究極だ、極致だとしてしまうと、どこかの段階で違和感が出てきてしまうわけです。

 

プロにしか使えないルアーは悪か

プロにしか使いこなせないルアーがあります。出来損ないといえばいいかもしれません。バランスが悪いだけのクランクベイトをヒラ打ちクランクだといってみたり、高速で巻くとどこへ泳ぐかわからないリップレスクランク(バイブレーションプラグ)をダーターアクションといってみたり。プロが手を変え、品を変えしてやっと釣れるようなルアーたち。当然、一般的にはダメルアーです。

でも、世界で自分以外に使いこなせない超難関ルアーというものがあったらどうでしょうか。それで手にした一本は「投げて巻くだけで誰でも釣れるルアー」で手にした魚と違った価値を持つのではないでしょうか。ダメルアーだから無価値、究極のルアーたりえないと決めつけるのは早計やもしれません。世界に自分しか使いこなせないルアーがあれば、それはやはり極致なのではないか。だとすれば、それで手にした魚は価値のある魚だし、めぐりめぐって価値のあるルアーになるのではないかとも思うわけです。

 

じゃあ、メチャメチャ釣れないハードモードのルアー、釣れると嘘ばっかついて売ってるルアーが究極のルアーだといわれて納得できるかといえば、やっぱりこれも難しい。違和感が残るわけです。

 

それぞれの違和感の正体

この違和感の正体は、各自が持つ価値観、世界観なのです。価値観というと薄っぺらで投げやりですから、私はこの違和感を「美意識」と名付けることにします。

ルアーで魚を釣るということは、ご存知のとおりハンデ戦です。魚を釣ることにしか興味がない人からすれば、なんてバカなことをと思われる行為です。エサを買ってきて釣りをした方が簡単で、しかもお金もかからないのですから。

しかし、我々はこのハンデ戦に格好良さや、痺れるようなカタルシスを感じるわけでしょう。これが我々の美意識です。ただ、その美意識がどこまでを許容するかは各自で違うわけです。

2本のバーがあります。どこまでが赤ですか?どこからどこまでが灰色でしょうか?というと、困ってしまうのではないでしょうか。場合によっては取っ組み合いがはじまるくらいの問題です。ちなみに男性は女性に比べて3分の1程度しか色を見分けられないそうです。女性はどの「ピンク」がいいか聞いているのに、全部同じに見える、場合によっては紫に見えてケンカになるのはこのせいなのかもしれません。これが女性にとっては重大事で、男性にとってはどうでもいいこと。美意識とはそういうものです。特定のものに敏感であれば許せず、鈍感であればどこまでも鈍感でいられる。

はるか右端まで赤で構わないと思う人もいれば、赤は左端だけ。残りの99%は赤じゃないという人もいるでしょう。ルアーがどこまで人の手を離れる(なにもしなくても釣れる)かを許容するのはそれぞれで、とても難しい問題です。つまり、究極のルアーなどというものは定義できないということなのかもしれません。

ただ、そんななかでも答えを出せといわれたらば、私はジェームズ・へドンの考えたことを極致に置きたいと思います。単なる木切れに魚が飛び出したとき、へドンが感じたこと。ザラゴッサをつくりはじめたときに思ったルアーの未来を、究極のルアーとしたいと思います。

もう亡くなられて久しい方ですから断定はできませんが、やはり「ただの木片で魚が釣れてしまう」というおふざけのような遊び心が彼をひきつけたのだと思います。そうであるならば、投げて放っておけば釣れる、最新技術で魚がうじゃうじゃ寄ってくるというものを究極とはいわなかったのではないかな、と。少なくとも私の美意識のなかではですが。

 

   

ピックアップ記事

  1. バス釣りで私がベイトリールを使う理由
  2. ビッグバスが引かない謎?!〜大きい魚が引くと思ったら大間違い〜
  3. スポーニングシーズンを避ける理由
  4. 不意のラインブレイクに備えよう!リールのドラグ設定について
  5. 釣りは個人技だからこそ輝く

関連記事

  1. フィッシングコラム

    折れるロッドはいいロッド? ロッドにまつわる怪しい話

    釣具屋さんでロッドを天井に押し当ててテーパーをみる人、よく見かけません…

  2. フィッシングコラム

    釣り竿(ロッド)のコルクグリップの補修について

    釣り竿のコルクグリップが痩せて見栄えが悪くなった、ボロボロと崩れてしま…

  3. フィッシングコラム

    バスボートを買う前に知っておいてほしいこと

    バスボートを買おう、欲しいと思っている方にまず読んでもらいたい、バスボ…

  4. ソフトベイト

    活性が低いときはスモールワームのウソ

    バスの活性が低いとき、小さなワーム、ナチュラルワームを投げろという人が…

  5. ソフトベイト

    ワームに塩は必要か?

    ワームに塩は常識のように語られますし、今や入っていないものはオイルやら…

  6. テクニック

    50アップが釣れない人に贈る釣りと成長のはなし

    私は運よく西日本に生まれましたので、比較的サイズのいい魚(ブラックバス…

コメント

    • 1
    • 2017年 9月 10日

    これは難しい問題ですね。
    巻くだけで釣れるルアーがいいという有名人がいて、私はそのひとのファンですけどなんかちがうなあとも思っていました。美意識のせいなんですね。いわれてみればたしかにそうです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事


 





  1. リール

    バス釣りで私がベイトリールを使う理由
  2. リール

    不意のラインブレイクに備えよう!リールのドラグ設定について
  3. ゲーム理論

    ビッグバスが引かない謎?!〜大きい魚が引くと思ったら大間違い〜
  4. フィッシングコラム

    釣りは個人技だからこそ輝く
  5. SAVE FIELDs

    スポーニングシーズンを避ける理由
PAGE TOP