ソフトベイト

ワームで釣れないというあなたへ

「ワームで釣れないのですがどうすればいいでしょうか」「ワームの話題はほとんどしませんね、嫌いなんですか」このようなご意見を頂戴しましたので、お答えいたします。ワームが嫌いということはありません。ただ、ワームの釣りを見せると「ただでさえ」ワームしか投げない人が多いのに、より多くなるのではないかと危惧することはあります。

ワームで釣れない理由

テクニックの話をすれば数限りなく語れますので、そういった話題はやめて本質の話をしたいと思います。本質とは「プラグのことがわかっていない人間にワームのことはわからない」ということです。ワームの釣りはスローな釣りです。魚のいる場所がわかっていてはじめて成立する釣り。ですから、勝手知ったる釣り場であればワームを投げておけば万事解決です。ただ、よくわからない釣り場にでかけたり、行きつけのポンドでも環境が変わったときにどうするか。なぜ釣れているかがわからない、どうすれば魚が見つけられるかわからないという人は、こういう状況に陥るとボウズで帰ってくるわけです。釣れるところにワームを投げることは、プラグの釣りをしている人にもすぐできます。しかし、その逆は難しい。ワームへの理解、釣りの幅や魚への理解を深化させるには、正反対のプラグで釣ることが最短ルートなのです。

このような理由から、巷で「プラグは釣れない」と思われているのは、安易なワームの釣りしか知らない人たちによるデマでしかありません。確かにワームの方が強い状況は多いですし、一口にワームといってもトップからボトムまで攻められますから、ワームを「臨機応変」に投げておけば済む話かもしれません。ただ、その臨機応変を効率的に身につけるのがプラグの釣りなわけです。

釣具屋としてはワームは1度使えば交換しなければならず儲けやすいので、ワームを勧めるでしょう。中高生などはおこづかいが少ないから、プラグよりワームに走るということもあるでしょう。そういった諸々が染み付いて、ソフトベイト信仰が醸成されてきたわけです。日本はアメリカと比べて、プラグが「猛烈に」高いですからね。これは前のブログのときに書いたんでしたっけ?まあ、色々と大人の事情で高くされているんです。

とにもかくにも、プラグで魚を探す釣りをある程度身につけてみる。それから、一種類のワームを極める、というスタンスで釣りをすることです。ひとつのワームを極めれば、それに類するワームも同時にかなり扱えるようになります。目先の一匹を追う間は、いつまでも釣りは進歩していきませんよ。近道や小手先に頼らないと決めて、腰を据えてがんばってみてください。

関連記事

  1. ソフトベイト

    ワームに塩は必要か?

    ワームに塩は常識のように語られますし、今や入っていないものはオイルやら…

  2. ソフトベイト

    活性が低いときはスモールワームのウソ

    バスの活性が低いとき、小さなワーム、ナチュラルワームを投げろという人が…

  3. ソフトベイト

    黒いルアーはなぜ釣れる?マジカルブラックの話

    黒いルアーはよく釣れる、という話を耳にしたことがあろうかと思います。シ…

  4. ソフトベイト

    バジングリグ(最新?)ワームリグ事情

    日本でバスブームが起こって、「バス釣りとはこういうものだよ」という教科…

  5. ソフトベイト

    ワームのノリが悪いときに使いたいドゥーナッシングリグ

    私はディープエリアや地形がわからない場所で情報収集…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。






PAGE TOP