テクニック

魚をバラす人につける特効薬

バラシにつける薬は太いラインにハイギアのリールです。つまり、ラインテンションがキモになります。しょっちゅうバラす人は、ファイトに時間がかかり過ぎる傾向にあります。ラインが細いのでフッキングも甘く、ファイトも魚まかせ。にもかかわらず、近年の傾向としてスーパーロングロッドで魚の動きにあわせられずモタつく。あらゆる要素が積み重なった結果、バレるのです。

ロングロッドは本来、ファイトを有利に運べる要素を持っています。フッキングの際に大きくあわせられますし、ファイトでも右に左に魚を誘導できる。ただ、これは即応するだけの腕があってからの話。アタリかどうかわからない、魚が次にどう動くかわからない(完璧にわかることはありえませんが)、という人が使うと、竿が長い分どうしても遅れる。遅れるうえに、長さの分、ラインがたるみやすくなってジャンプ一番でバレてしまうんですね。

とはいえ、まずは太いラインでしっかりフックアップ。ラインテンションを十分保つために少々強引なファイトを実行することです。強くアワセたり、強引にファイトするとバレるという「恐怖」は、まだ現実に起こってもいないあなたの「妄想」です。一方、強引にやってこなかったことでバレたというのは現実の「経験」です。どちらが避けるべきははいうまでもありませんね。

楽天市場で太いラインを検索してみる!

ピックアップ記事

  1. ミノーにオススメなラインの太さについて
  2. 生類憐れみの令と江戸の釣り
  3. ビッグバスが引かない謎?!〜大きい魚が引くと思ったら大間違い〜
  4. 水系の保護と外来生物
  5. 釣りは個人技だからこそ輝く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事




PAGE TOP