テクニック

魚をバラす人につける特効薬

バラシにつける薬は太いラインにハイギアのリールです。つまり、ラインテンションがキモになります。しょっちゅうバラす人は、ファイトに時間がかかり過ぎる傾向にあります。ラインが細いのでフッキングも甘く、ファイトも魚まかせ。にもかかわらず、近年の傾向としてスーパーロングロッドで魚の動きにあわせられずモタつく。あらゆる要素が積み重なった結果、バレるのです。

ロングロッドは本来、ファイトを有利に運べる要素を持っています。フッキングの際に大きくあわせられますし、ファイトでも右に左に魚を誘導できる。ただ、これは即応するだけの腕があってからの話。アタリかどうかわからない、魚が次にどう動くかわからない(完璧にわかることはありえませんが)、という人が使うと、竿が長い分どうしても遅れる。遅れるうえに、長さの分、ラインがたるみやすくなってジャンプ一番でバレてしまうんですね。

とはいえ、まずは太いラインでしっかりフックアップ。ラインテンションを十分保つために少々強引なファイトを実行することです。強くアワセたり、強引にファイトするとバレるという「恐怖」は、まだ現実に起こってもいないあなたの「妄想」です。一方、強引にやってこなかったことでバレたというのは現実の「経験」です。どちらが避けるべきははいうまでもありませんね。

楽天市場で太いラインを検索してみる!

関連記事

  1. ソフトベイト

    ワームに塩は必要か?

    ワームに塩は常識のように語られますし、今や入っていないものはオイルやら…

  2. テクニック

    マシンガンキャストって何? -バンクバーナードメソッドの真価-

    「マシンガンキャストのやり方を教えてください」というご質問を受けました…

  3. フィッシングコラム

    夏のバス釣りは地力がつかない

    夏のバスゲームはとにかく地力がつかない残念なシーズンです。タフコンディ…

  4. リール

    不意のラインブレイクに備えよう!リールのドラグ設定について

    リールのドラグ設定はどのくらい?ベイトリールのドラグ(バス用)を限…

  5. SAVE FIELDs

    水系の保護と外来生物

    水系の生態系が破壊されたと語られると、必ずといっていいほど槍玉に挙げら…

  6. フィッシングコラム

    釣り竿(ロッド)のコルクグリップの補修について

    釣り竿のコルクグリップが痩せて見栄えが悪くなった、ボロボロと崩れてしま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。






PAGE TOP