クランクベイト

ディープクランク(ダイバー)はよく動く!のウソ

ディープクランクはルアーサイズもあいまって「これだけ大きければ、さぞしっかり動くんだろうな」と思って買っていく人がいるようです。雑誌でもよく動くディープダイバーを紹介したりしておりますが、ハッキリいって大きな間違い。よく動くディープダイバーなどあり得ないのです。もう一度書いておきましょう。よく動くディープダイバーなど、あり得ません。

なぜあり得ないかですが、簡単な話で、クランクベイトは動きと潜行深度の両立が不可能であるためです。何か革新的な変化がなければ、これはもう物理面の問題ですからどうしようもありません。(クランクが潜る理由についてはこちらをご覧ください

ディープクランクは基本的に潜ることに重きをおいているため、激しいアクションはできません。ルアー自体が大きいのも、より多く水流を受けることで潜行深度を稼ぐためで、大きいからよく動くというのは少し的外れな意見です。

 

【ディープクランクを使うメリットとは】

ここまで書きますと、じゃあディープクランクなんて動かないルアーは要らないじゃないか。ワームを投げればいいんだろう?という話になるのですが、これは更なる間違い。クランクの強みは手返しのよさにあります。また、風に強いというのも利点です。広大なディープエリアをすべてワームで叩いていては、日が暮れてしまいます。それ以外の釣りが一切できないということになる。この問題を解決すべく投げるのがディープクランクで、大きな岬などを調べる、水中の立ち枯れの群生上を同じ深度でトレースするなどの戦略がとれるのはこのルアーならではです。

また、ディープクランクは必ずしもディープを引かなければならないわけではありません。シャローレンジをゆっくり引くことで、大きなボディを活かして水を押し、波動を生み出すことでアピールするということも可能です。ゆったりと動くため、低活性な時期の藻場の上を引いてやるといった方法で、激しい動きで魚に煙たがられるシャロークランクにはできない戦い方が可能です。ぜひお試しあれ。

 

【ディープクランクに耐えられない時代】

私が一番愛用しているディープクランクはファットフリーシャッドという画像のものですが、これを半日、1時間でも構いませんが、巻けといわれて巻ける人が今日、極めて乏しいと感じます。リールがハイギア化してきたからという声もありますが、単純に体力の問題です。握力や腕力の乏しいアングラーが増えました。古臭い物言いですが、お手軽な釣り、遊びの釣りがもてはやされ、実直な釣りや大変な釣りは釣果があっても「サムい」といわれる時代になりました。

1ozを超えるスピナーベイトやディープクランクを巻くのは疲れるから嫌だと口ではいいながら、クランキングロッドを買い、持て余す時代です。釣りのファッション化が顕著になってきたといっていいでしょう。楽をするなとはいいません。いかに魚を簡単に手にするかは釣り人にとっての至上命題です。しかし、楽をするための苦労は必要です。「怠惰を求めて勤勉に行き着く」というヤツですね。

いわれた通りにする釣り、考えない釣りは、千変万化の湖上では役に立ちません。どんな状況にも対応し、釣果をあげるためにも、自身で考え、釣りの幅を広げていくことが重要です。疲れるから嫌だ、面倒だから嫌だ、釣れないから嫌だとなって、結局いつもと同じルアーを投げるのでは、進歩は見込めません。

自分の知らない釣り、できない釣りをやってみるところからはじめてみませんか。

関連記事

  1. トップウォーター

    トップウォーターは見えない力で釣れ!

    以前は夏のオーバーハングをトップで攻略する方法をひとつお伝えしました。…

  2. ボーマーFATA

    クランクベイト

    クランクベイトはリップで水を受けているのウソ

    クランクはリップで水を受けて潜っていると考えられておりますが、実はそれ…

  3. その他トップウォーター

    ビッグベイト・スイムベイトのアワセ方

    ビッグベイト、スイムベイトを使う方が増えているので、そのアワセ方につい…

  4. クランクベイト

    モデルAを超えるボーマーファットAが復活?

    ボーマーのモデルAといえば、いわずとしれたキングオブクランク。これはク…

  5. その他トップウォーター

    ブーヤープランク(BOOYAH PRANK)

    ブーヤープランク:ポッパーとクランクを結びつける幼いころ、誰もが思…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事


 





PAGE TOP