フィッシングコラム

  1. ミノーにオススメなラインの太さについて

    ミノー(ジャークベイト)のラインの太さについてミノーのアクションとラインのポンド数の関係性普段、25〜30ポンドのラインを使い、絶対にラ…

  2. 生類憐れみの令と江戸の釣り

    生類憐れみの令と江戸の釣り犬公方こと徳川綱吉が生類憐れみの令を出したため、あらゆる動物が野に放たれることになりました。桶の金魚もリリースです…

  3. 釣りは個人技だからこそ輝く

    効率を追わない矛盾をいかにするか私は乗り物マニアではないので、こだわりについては理解できても、実用的な利便性をとってしまいます。クラシックカーを見て、たとえ…

  4. ラインの抜け切れは完全悪ってわけでもない

    ラインブレイク(抜け切れ)について考える抜け切れ、大嫌いです。ラインに傷がなければ通常結束部より糸が切れますから、直線強度がいくらあろうが関係ありません。そ…

  5. オカッパリのラインは何ポンド?絶対に太いラインを使うべき理由

    陸っぱりで太い糸を使うべき理由これまでも太い糸を使いなさい、20ポンドは当たり前。16ポンドだったら細い部類ですよと言い続けてきましたが、10年以上経ってま…

  6. ビッグバスが引かない謎?!〜大きい魚が引くと思ったら大間違い〜

    ビッグバスだから引きが強いなんて勘違いも甚だしいゾ!!管理釣り場が人気ですよね。それはまあ、遊びとしての釣りのバリエーションですのでとやかくいうことではない…

  7. ストラクチャーばかり気にして活性の高いバスを探すことを忘れていないか?

    超一級のポイントで「この水系に以上の場所はない。条件もなにもかも揃っている。だから釣れないはずがない!」そんなスポットもありますが、得てしてそういうポイントに入…

  8. 究極のルアーとは プロにしか釣れないルアーか、初心者でも釣れるルアーか

    究極のルアーをめぐる論争究極のルアーは「巻くだけで釣れるルアー」という人がいます。確かにひとつの答えです。しかしながらルアーゲーマーとしては「それはエサとな…

  1. フィッシングコラム

    釣りは個人技だからこそ輝く
  2. ハードベイト

    ミノーにオススメなラインの太さについて
  3. リール

    バス釣りで私がベイトリールを使う理由
  4. ゲーム理論

    ビッグバスが引かない謎?!〜大きい魚が引くと思ったら大間違い〜
  5. リール

    不意のラインブレイクに備えよう!リールのドラグ設定について
PAGE TOP