守ろう、夢のフィールド

SAVE Fields  – 守ろう、夢のフィールド –

「フィールドにゴミを捨てるな」は無駄な努力でしかない

ゴミを捨てるな!という人は多い。私もフィールドにゴミを捨てるなという人間のひとりなのですが、こんなことをいって(書いて)も、意味がないと感じています。なぜ意味がないのか。どうして無駄な努力なのか。それは「ゴミを捨てないでね」「太いライン(釣り糸、テグスのこと)を使おう」という話を聞いてくれる人に説教しても、その人たちは「そもそもゴミを捨てない」からにほかなりません。

当ブログは一日数千回読まれますが、そのうち半数はリピーターです。こんな私の戯言をリピートしていただける殊勝な方が、パッケージやワーム、弁当殻を捨てるとは思えませんし、切れてもいいやと細いラインを使うとも思えません。実のところ、私が25lbもあるチャートのラインを使うのは、私がラインを捨てていないことを証明する意味もあります。こんな目立つものが長々と放置されていれば、身内ならすぐさま看破できます。私は捨てないという信念、矜持のためのラインなのです。

さて、話を戻しましょう。ご存知のとおり、ゴミを捨てるなといっても効果のない人種には2種類います。一方は、皆さまのようにそもそも捨てない方。他方は悲しいかな、いっても聞かない連中です。私は、釣りをはじめたばかりの人を啓蒙する目的で「ゴミを捨てるな」ということはありますが、釣り場で捨てている人に注意することは稀です。といいますのも、ゴミを捨てるような連中は敢えて言葉を選ばず述べれば「社会のゴミ」でもありますから、何をされるかわからない。注意したばかりに、フロントガラスに投石された、竿を折られた……といった話を聞きます。楽しいはずの釣りが一転、 苦痛でしかなくなってしまうわけです。

私の出身地は四国の田舎で、皆さんもよくご存知の日本屈指のバスリバーがあります。メジャーなポイントとなれば、昼夜を問わず周辺地域から車が押し寄せ、一晩中音楽をかけたり、騒いだり。周辺住民に大変な迷惑をかけているわけです。私も何度もそういう場面を目にしましたし、雑誌などの評判どおりに釣れないからと、ビールの缶や食べ物のゴミを撒き散らしていった連中もいました。不法投棄に飲酒運転、なんでもアリです。住民に注意されると、その人の家まで追いかけてきたなんて話もありますから、どんなにゴミを捨てて欲しくなくとも、直接捨てるなとはいわないことです。皆さんに、こんなに楽しい「釣り」を嫌いになって欲しくありませんから。

我々が最低限、ゴミを捨てなければいいだけの話です。もう一歩進むなら、ゴミを拾えばいいだけの話です。我々が彼らと同じようなレベルで生きなければいい。ゴミだけでなく、地域の方に会えば挨拶をしてみる。話しかけられれば、世間話もする。そうやって、直接的にも間接的にも水系を守って(延命して)いけばいいのです。

私も聖人君子ではありませんから、目を輝かせてゴミを拾っているわけではありません。普段は「こんな細いラインを使うな馬鹿野郎」「なんで何十メートルもラインを捨てている んだ。釣りにならなくなるだろう」とブツクサいいながら拾っている。悪態をついても構いません。何なら偽善でも構わない。やらない善よりやる偽善。地域の人へアピールするかのようにゴミを拾ってもいいでしょう。ゴミがなくなるという事実は同じなんですから。

 

生涯忘れることのない感動を与えてくれる遊びのために

私は水系は美しくあるべきだと考えています。そこに住む魚は、自然の鮮やかさを持っています。ヤマメやオイカワ、ブラックバスもそうです。鬱蒼とした木々の中で、透き通るような湖面に浮いて、美しい魚を手にするのと、近所のドブ川でゴミにまみれた魚を獲るのとどちらが生涯忘れられない思い出になるかといえば、いうまでもないでしょう。釣りは一生の思い出になり得る趣味です。自身はもちろん後の世代にとっても、水系が維持される限りにおいて、はじめて魚を手にしたときの感動は不変のもののはずです。

もし、水系の維持にお金がかかるなら出せばいい。釣り人からライセンス料をとればいい。私はゲームフィッシングという「遊びでしかないもの」を楽しむために、対価を支払うのは当然だと思っております。フィールドのための徴税、課金は大賛成です。そうしなければ今後も釣り禁止のフィールドは増え続けるでしょうし、禁止とならずとも何らかの形で魚は減っていくことは想像に難くありません。

釣り人ですら耐えられない、同じ釣り人の所業の数々。釣りをしない人間からすれば、看過できるものではないはずです。あるとき突然、降ってわいたように「それ」は訪れるのです。現実問題として、埼玉県では闇討ちのような形でバスの再リリースが禁止となりました。

釣り人だけでなく、誰もが納得できる形でなければ、水系もゲームフィッシングも守ることはできないのです。日本屈指のバスリバーの吉野川も、バスの駆除、 バス釣り禁止にしようという機運が高まっている今、課金も含め、ひとりひとりが真剣に考えていく時期なのだと思います。具体的には、釣り人同士でコミュニ ティや団体を設け、課金することで水系を守るという提案を行い、地域の人間や水利関係者の理解を得ることです。誰かがやってくれるだろうではなく、 自分からやろうという姿勢と長期に渡る協力が必要不可欠です。

同じように考え、行動できる人間が手を取り合うだけでいい。活動に参加しにくいのであれば、この記事をシェアしていただけるだけでも構いません。ひとりの人間がどんなに足掻いても、この問題は解決できません。しかし、1000 人、2000人となれば違ってくる。今は無名のひとりでしかない我々も、ひとつの目標に集えば、Facebook革命が成ったごとく国さえ変える力を持つようになるわけです。シェアと同時にあなたが忘れてしまっても構いません。あなたが伝えた誰かが、ゴミをひとつ捨てなくなるだけでもいい。水系を壊すのが人ならば、守るのも人以外ありえないのです。

− SAVE Fields 活動に寄せて −   雨龍 義基

最近の記事

PAGE TOP